VCR project > UTAU音声ライブラリ > UTAU音源の制作 > 音声の収録

The content starts here.

音声の収録

UTAU音源の制作方法を説明します。

準備するもの

oremo 連続音
OREMO
audacity
Audacity

録音リスト

単独音の場合は録音リストによる違いはほとんどありません。しかし連続音の場合は収録量が多くなるので録音リストによっては中の人の負担が増えてしまうかもしれません。そのためVer.3.0-b140323(以降)に同梱してある「reclist-renzoku-NHP.txt」をおすすめします。その他の録音リストは次のサイトでダウンロード可能です。

OREMOで収録する

主な使い方についてはOREMOマニュアルを確認して下さい。

録音した音声は、[result]フォルダに「"音名""発声タイプ".wav」の形で自動的に保存されます。上書きなどのトラブルを避けるため、録音する前に[result]フォルダが空になっていることを確認しておきます。

録音テスト

本番収録前に録音テストをします。口とマイクの位置が一定になるようにします(マイクスタンドとポップガードがあればベストでしょう)。収録作業は基本的に「(数字の)「0」のキー押す」→録音状態→「キー離す」→録音終了です。幾つか録音したらWAVE編集ソフトで音声データを確認します。音割れなど問題がなければ本番収録へ進みます。

単独音

「あいうえお」の順番で下キーで次へ進み録音していきます。

連続音

連続音では、ガイドBGMのリズムに合わせて録音します。まずメニューの[オプション]-[収録方法の設定]で、自動録音その1か2に切り替えます。(収録例を試聴できるので、収録前に確認しておいてください)

続いて連続音用の音名リストを読み込みます。メニューの[ファイル]-[音名リストの読み込み]から「reclist-renzoku.txt」を開きます。そして単独音と同じ要領で「あかさたな」から順番に録音します。文字同士の繋がりが大事なので「あーかーさーたーなー」という感じに録音します。

次は原音設定です。